私達、不動産業者は不動産物件の調査を依頼いただいて調査することが多いです。

その際に確認する事項についてお知らせします。

1.都市計画の内容

・様々な制限(地区計画など)や用途(可か不可か)の有無について確認します。

2.道路の扱い、幅員、今後予定があるかどうかの有無

・敷地が接する道路が公道か私道か、また拡幅工事などが予定されているかを確認します。

3.水道、下水道

・公共か私設か、本管の径、敷地に引き込まれているかどうか、改修の予定が有るか

4.ガス(ガス会社)

・都市ガス(又は集中プロパン)の場合は敷地にすでに引き込まれているかどうか、引込可能かどうか、管の径を確認します

また、法務局等で

5.登記事項証明書、公図(地図)、測量図

・などを確認します。

お客様から

6.固定資産税

・固定資産税評価額、年税額をお聞きする場合もあります。

これらを全て調べると移動も含め数時間かかります。逆にここを如何にすっかり調査、確認できるかが重要です。