不動産売買契約を行うとき、契約日だけでなく、不動産決済時=引渡時(所有権移転登記)の日付を決め、

その日までに準備を行う必要があります。

一般的に用意するべきものは、

売主側:

・不動産の登記識別情報

・印鑑証明書

・実印

・売買代金振込先金融機関通帳

買主側:

・印鑑(スタンプ型でないなら、三文判でもOK)

・住民票

売主、買主共通で

・身分証明書(運転免許証など)

です。