万が一、「団体信用生命保険」がダメだったときは、掛け捨て型の「生命保険」をその時点でのローン座高に年ごとに合わせて加入しておくこともご検討ください。

要は、万が一の時に「住宅ローンの残債」について最低限の返却ができる分だけの金額が用意できれば残された家族の方がローンの返済で困ることは少なくなると思います。

いろいろな理由で団体信用生命保険に霞友出来ない場合、まずはご検討ください。