北海道十勝の不動産売買・資産活用・資産形成のご相談は住まいコンサルタントへ

お知らせ&ブログ

住宅購入資金コラム

住宅取得後にかかる税金

不動産(土地+住宅など建物)取得後にかかる税金は大きく以下の2つです。   不動産取得後一度だけ ・不動産取得税は、取得後(増改築を含む)した人も大して、都道府県か課税します。 毎年かかる(所有している限り) …

夫婦共有で収入合算で購入する場合の注意点

夫婦共有でローンを組む場合、どちらも住宅ローン控除を受けたい場合、もう一方が「連帯債務者」であれば問題が少ないですが、「連帯保証人」の場合は注意が必要です。 借入のプランによっては住宅ローン控除が受けられない場合もありま …

夫婦共有で住宅を購入する人のローン(夫婦で住宅ローン控除を受ける場合)

こんな場合はメリットがあります。 ・夫婦それぞれで収入がある場合 ・借入額が大きく、控除を受ける金額が一方だけでは多い場合 この様な場合は、ふうふそれぞれで住宅ローンを組むか、収入合算の場合は連帯債務者の設定が必要です。 …

住宅取得時に発生する諸費用

一般的に諸費用は、新築物件の場合は物件価格の5~7%程度、中古物件の場合は物件価格の7~10%程度といわれています。 いつ頃、どのような費用がいくら発生するか押さえておきましょう。

住宅ローンなどを組む際に出てくる「団体信用生命保険(団信)」とはなにか

団体信用生命保険(団信)とは、借入した人が死亡・高度障害になった場合に団信の死亡保険金で住宅ローンの残債を清算してくるものです。 団信に加入していることによって、万が一の場合でも遺族に負債を残さずにすむためのものです。 …

建物の改修コスト試算

建物の修理、改修のコストを試算したことがあります。 事例1:定期修繕でよく言われる価格 ・10年毎に外壁,屋根,サッシ廻りの修繕で約250~450万円(月換算で2万円~3.8万円の費用負担) 事例2:工務店負担修繕費の年 …

令和4年度の税制改正大綱※新築に係る部分を抜粋

1.住宅ローン控除 ・控除期間10→13年 ・控除率は0.7%に引下げ 2.贈与税非課税措置 ・適用期限の延長 ・築年数要件の緩和 3.所有権移転登記等の登録免許税 ・軽減税率措置の延長 ・築年数要件の緩和 4.新築住宅 …

住宅ローンなどの返済可能額の目安について自分で簡単にできる計算方法

一般的に年収により「年収負担率」の基準があります。 年収が400万円未満の場合は30%以下 年収が400万円以上の場合は35%以下 の様に考えます。 例えば年収が300万円であれば1年間の返済可能額は(300万円×30% …

大樹町「大樹でかなえるマイホーム支援補助金のご案内」

大樹町の支援補助金へのリンクをご案内します。 リンクはこちらへ→ 大樹でかなえるマイホーム支援補助金 主旨 「大樹町では、移住及び定住の促進と、誰もが住みよい、うるおいのある住環境づくりを目的として、住宅等を新築又は購入 …

幕別町「幕別町マイホーム応援事業補助金」のご案内

幕別町では、幕別町マイホーム応援事業補助金 があります。(詳しくは上記リンクをクリックしてください。 ご質問は、 住民課 住民活動支援係 〒089-0692 北海道中川郡幕別町本町130番地1 電話 0155-54-66 …

1 2 »
PAGETOP
Copyright © 合同会社 住まいコンサルティング All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.